伝える理由

日本人でありながら、

インドのヴェーダの知識を紹介されている

ジャヤーナンダ・ダーサ師に、

「伝える理由」を伺いました


ヴェーダの結論(ラーガ・バクティ)を
伝える理由

私には、学生時代から7つの疑問がありました。

それらは以下のような疑問です。


【人生の7つの疑問】

1.いったい自分は何者なのか?

2.自分は何によって支配されているのか、神は、いるのかいないのか?

3.苦しみたくないのに、なぜ苦しむのか?

4.死後はどうなるのか?

5.苦しみから抜け出すには、どうしたらよいのか?

6.人生の目的は何か、何をすれば心から 満足するのか? 

7.人生の目的を達成するにはどうしたらよいのか?


この疑問を解くために1万冊以上の本を読み、1万人以上の人に会いました。

でも、この回答を与えてくれる人は、日本では見つけられませんでした。


学校を出て、出版社に務めているときに、偶然出会ったのが、

『バガヴァッド・ギーター』というインドのヴェーダ教典でした。

この本から、私の疑問は、みるみるうちに解けていきました。


それで、このヴェーダをそのエッセンスを極めてみたいという

気持ちになり、バクティ・ヨーガを学ぶ気持ちになったのです。


あとでわかったのは、このインドのヴェーダ教典は、

宇宙と人間の取扱説明書であるということでした。

その後、無理を言って会社を辞め、24代続く、家督を放棄して、

友人関係も絶って、お寺に入って修行しようとしました。

24歳の時です。


それから、お寺に入り、しばらくして托鉢布教の旅に出ることになりました。

ほぼ日本全国を周り、インドの聖地巡礼にも何回も行きました。

そうして、日本とインド時には、アジア諸国、アメリカなど諸外国も

訪問して布教や修行を繰り返して行く内に、

気づいたら数人の師から学び、

数百冊ものヴェーダ教典やその解説書を学んでいました。


そして、若いとき抱いた

ほぼすべての疑問は解消されました。


何人かの師匠につきましたが、

最後に自分に不足していたものを尋ねる前に

師が他界してしまったのです。


50歳を過ぎて、日本で、特別、説教する機会もないので、

インドの聖地ヴリンダーヴァナに隠遁して、

バジャーン(マントラを唱え瞑想すること)をして、

翻訳をしてすごそうと考えてました。

仕事も辞め、所持品も極力整理して、インドに渡りました。


そうして、友人からサンスクリット語や教典を学んで行く内に、

友人を介して、サードゥ・マハーラージャにお会いする機会を得ました。


それがおおよそ3年くらい前です。


それからマハーラージャのいらっしゃるムンゲールラージャ寺院に

毎日行くようになり、いろいろな話をするうちに、

翻訳の激励とともに、詳細な真理について聞く機会が増えました。


そして、ある時に、

以前のグルから伝授していただいていなかった点についてお話すると、

それを伝授してくださるというではありませんか。


それで私はマハーラージャを友人としてではなく、

師匠として受け入れ、

秘伝を頂戴しました。


すると、マハーラージャは、私に日本に行って、この知識を分け与えなさい。

ラーガ・バクティ(バクティ・ヨーガのエッセンス)を分かち合いなさい

との指示と祝福をくださいました。


それに前後して、不思議なことに、

インドにいながらも、日本でお話する機会を与えられるようになりました。


これが、師の指示と祝福のもとで、

日本でお話させていただいている理由と事の次第です。


サードゥ・マハーラージャ師を

日本に招待された理由

インドのヴリンダーヴァナにいたある時に、

私の兄弟弟子のうちの一人がいいました。


「サードゥ・マハーラージャを日本に招待したらどうか?」


確かにそれは素晴らしい提案だと思いましたが、お寺もないし、

協力者も少ない中でどうしたらいいのだろう、と思いました。


最悪は自宅に招いて、そこで友人知人を呼ぼうと思っていたところ、

少しずつ、協力者や支援者、友人が増えて、

お迎えできることになったのです。


ヴェーダ教典によれば、サードゥとのほんのわずかな交際でも、

すべての完成を得ることが可能であると述べられています。


なぜならば、サードゥのハートの中には、根源の大きな魂である

クリシュナと根源の幸運の女神のラーダーラーニーがいらっしゃるので、

サードゥと接する人、仕える人には、すべての幸運が訪れるからです。


論より証拠ですので、サードゥ・マハラージャにお会いし、

それを五感、六感、魂で感じて欲しいと思います。


実は、世界中で、このヴェーダの結論の情報が、

最も伝わっていない、

ヴェーダの後進国が日本です。


このヴェーダの結論である、バクティ・ヨーガの知識、

ラーダー・クリシュナのことを世界中に広められたのが、

ACバクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダ師です。


師はおっしゃいました 。

「日本人は最後にくる。でも日本人がきたら、最高(のサードゥ)になる」


サードゥ・マハーラージャは、プラブパーダ師からも世界中に

ラーダー・クリシュナの意識を広めるという祝福を頂いた御方です。


また、プラブパーダ師のあと、

ラーダー・クリシュナの意識を世界中に広められた

バクティヴェーダンタ・ナーラーヤナ・マハーラージャ師からも


「あなたの存在が説教である。

あなたは会う人に愛(プレーマ)を配る」


という祝福をサードゥ・マハーラージャは頂戴しました。


私は、日本のみなさんが、

マハーラージャとの交際を生かして、多くの慈悲と祝福がいただけるようにと、

マハーラージャを招待いたしました。


みなさんの幸運を心から祈る次第です。